乾燥肌にとって最も有効な成分、ご存じですか?
それは皆さんも馴染み深い「セラミド」という成分なんです。CX_DG011

お肌は「角質細胞」がくっつき合って一枚の皮膚になっています。
ここに含まれるのがセラミドです。
加齢とともに年々減少してしまう成分ですが、紫外線や異物からお肌を守ってくれるのはこの成分が正常に働いている証拠なのです。
よく化粧品などにも配合されていますが、実は簡単にはお肌の内側まで届いてくれません。
きちんと掌でパッティングして、内側に押し込むようなイメージで保湿ケアする必要があります。

きちんと内側まで届くことができれば、お肌のバリア機能は格段に上がり、ちょっとやそっとの肌ストレスには負けない肌を作ることができるんです。

実はセラミド以外にも、コラーゲンやエラスチンと言った肌を形成する組織も同様に摂ることで効果は倍増します。
乾燥肌=バリア機能の低下した肌、ですから、お肌の基礎となるセラミドはきちんと摂取したいですね!

さて、化粧水や乳液に含まれているのは周知の事実ですが、食事でもきちんと摂りたいところ。
どんな食材に多く含まれているのかまとめましてので、ぜひ、乾燥肌を撃退するのにお役立てください!

①普段から食べてほしいものは「黒い食品」

セラミドを多く含む食材の代表格に、こんにゃくがあります。
他にもひじきや黒こしょう、一見白いですがしらたきにも豊富に含まれているんです。
コーヒーにも含まれていますが、カフェイン類は飲みすぎると基礎代謝そのものを低下させてしまうので要注意!紅茶も同様です。

薬局にはセラミド成分をサプリメント化したものが多数販売されていますが、ほとんどの原材料は「こんにゃく」。
特徴として、こんにゃくは繊維質の塊のような存在なので、腸内環境も整えてくれます。
しかも低カロリーなので、ダイエッターにもおすすめの一品!
お肌も整って体型もキープできるので、秋冬にこそ食べてもらいたい食品です!

②毎日どれくらい摂取するのが目安?

加齢とともに少しずつ減ってしまう成分なので、毎日こつこつと摂取することで乾燥肌を卒業できます。
一日に必要な摂取量はおよそ1200㎍(マイクログラム)。
こんにゃくを毎日食べるとすると、1つ当たりおよそ600㎍を摂取できるので、

サプリメントを飲まない方は一日2個を目安に摂取してみてください。

admin