肌荒れを防ぐために洗顔は重要です。ニキビなどの予防のために顔についた余分な皮脂や汚れなどを洗い流し、毛穴の詰まりなどを防ぎます。
肌が弱くない場合では、洗顔料などを使い、汚れなどを洗い落とすと、きれいになりますが、乾燥肌の場合には、刺激が強すぎる場合があります。試しにつけてみて、肌がヒリヒリとしたり、赤みが出た場合には、使わないようにしましょう。
また、洗顔時には冷水や熱いお湯を使わずにぬるま湯で洗うこともポイントの一つです。ぬるま湯を使うことで、皮脂を落としすぎずに適度に洗えるためです。洗顔が終わったら、タオルで顔についた水滴を拭き取るといいでしょう。拭き取る時には、あまり硬い素材のタオルを使わずに適度にやわらかいタイプの素材を使うようにしましょう。肌に負担にならないように注意しながら、ソフトに拭き取るようにすることも大切です。
拭き終わったら、その後の肌ケアも重要です。そのままの状態で何もケアしないでいると、肌が乾燥しやすい状態で、水分がどんどん蒸発してしまい、乾燥肌の場合には状態がさらに酷くなることもあります。汚れや余分な皮脂を洗い流した後は、しっかりとアフターケアすることで、肌を守り、保湿をしましょう。化粧水や美容液、保湿用化粧品などを使い、顔にうるおいを与え、そのうるおいを保護するためにしっかりと保湿をするといいでしょう。
洗顔をしっかりと行い、その後の肌ケアまですることで、肌をよりよい状態に保ちましょう。

admin