にきびの原因とホルモンバランスが深い関係があるということを聞いたことがあるでしょうか?
女性は、生理前ににきびができる方も多いですが、その時にはホルモンは男性ホルモンの分泌が多くなって、皮脂腺を刺激しています。
それもいつも同じ場所のにきびの場合も多いですが、背中ニキビができる方もいますね。

皮脂が多くなったとしても、そこにアクネ菌などの原因菌がなければ、背中ニキビはできませんし、皮脂分泌が多くなってベタベタするくらいですね。
しかし、そうしたことがわかっていれば、このホルモンバランスが乱れている時には、にきびができるところを念入りに洗ったり、化粧水でケアをすることで、にきびケアを行うことができます。

ホルモンバランスの乱れの場合、日常生活は正して、バランスの良い食生活をすると言った生活習慣も整えることができますね。
自分の意思で左右できないことですから、実際には抑えこむことはできませんが、防止策はできそうですね。

生理前だけではなく、睡眠不足、ストレスを感じた時も同じような症状になります。
それも理解することで、“ストレスがあるからにきびに気をつけよう”と思うことで、背中ニキビ対策ができます。

一時的な過剰分泌である場合、時が経てば収まっていくことですから、慌てることはありません。
できた背中ニキビには刺激をしないことで、あまりに重症になった時には、医薬部外品や皮膚科に行くことで、きちんと治療をしましょう。
もし他のケアを方法を知りたい方はこちら背中ニキビケア
生理前のにきびで悩む方、気をつけてみてね。

admin