乾燥肌の人の肌の特徴は、肌が水分を保つ能力が弱くなっています。
その原因は様々ですが、乾燥肌になりやすい体質だったり、不規則な生活スタイルやストレスが原因になっている場合もあります。
また皮膚には外部からの刺激から自分で身を守るバリア機能があるのですが、乾燥肌の人はこれが弱くなっているので少しの刺激で肌が影響を受けてしまいます。なので、肌荒れがおきやすくなったり、炎症をおこしやすくなってしまうのです。
肌のバリア機能を回復させるには、乾燥している肌に潤いを与える必要があります。ですが、どんなに潤いを与えてもその水分を保つ能力が無いと、水分は蒸発していってしまいます。
肌の水分を保つためには、スキンケアでその機能を手助けしてあげる必要があります。おすすめなのは高保湿な成分が含まれているものを使うことです。高保湿なものは、肌本来の水分保持能力を補ってくれるので、水分が失われるのを防いでくれます。
また乾燥肌の人は、洗顔のやり方にも注意が必要です。顔を洗うときに使っているお湯の温度が高かったり、洗浄能力が強すぎる洗顔料を使用してしまうと、さらに肌が乾燥しやすくなってしまいます。洗顔にも気をつけながら、高保湿なスキンケアをすることで乾燥肌による悩みを減らすことができるかもしれません。
スキンケア商品を選ぶときには、高保湿なものを選ぶことも重要ですが、刺激のある成分が入っていないかを確認するようにしましょう。

admin