乾燥肌を改善するためには、日頃のスキンケアを工夫する必要があります。乾燥肌対策の基本は保湿なので、コラーゲンヒアルロン酸、セラミドなどが入った化粧品を使います。特にセラミドは水分の蒸発を防ぐので、内側から潤う肌に改善できます。セラミドは原料によって種類があり、天然セラミドは最も人の肌に合います。ビオセラミドやセレブロシドと表記されており、価格の高い化粧品に多いです。バイオセラミドは安価ですが安全性は高いです。人の肌に存在するセラミドに近づけている、原料には酵母を使っています。コンニャクセラミドは安くで製造できますが、アレルギーを起こしにくいので敏感肌の人でも利用できます。合成セラミドはセラミドに似た物質を化学的に合成しただけで、セラミドとは別の成分なので乾燥肌にはあまり適しません。セラミドは水溶性ではないため乳液やクリームに入っている方が効果的です。もし肌に炎症が起きている場合は、いつも以上に肌のバリア機能が低下しているため、セラミドの他に抗炎症作用があるグリチルリチン酸などが入ったものを選ぶと良いです。オーガニック化粧品は鉱物油や香料など炎症を起こす成分をほとんどあるいは一切含みません。ただし天然成分である尿素は乾燥を予防しますが、肌が弱い人は角質にダメージを受ける可能性があるため避けます。化粧品の多くが保湿効果を宣伝していますが、乾燥肌に必要なセラミドや抗炎症作用がある成分が入っているかを確認します。

admin